ライセンシング業務

ライセンシング業務

商標登録
商標とは、商品またはサービスに対して付けられる名称です。商品やサービスの製造元や販売元を表す『標識』であり、商標権を登録することにより、その商品やサービスの名称を独占的に使用することが可能となります。 我々は御社の商品やサービス内容に応じ、専門の弁護士を活用してアメリカやその他の国における商標権の登録を行います。日本で商標登録されていても、日本国外の市場においては通用せず、他社のコピー商品が類似名称で市場に出回るという事態も発生しかねません。外国への事業拡大に合わせて、御社商品・サービスに関する商標リサーチおよび登録準備をご支援いたします。


版権管理

インターネットの普及により、ビジネス・スキームが多様化し、版権に関する業務も増加・複雑化しています。御社で開発されたオリジナルコンテンツが簡単にコピーされ、インターネット上で世界中に違法配布されるという事態も容易に想定される時代です。 逆に、そのような時代だからこそ、外国においても商品やサービスのライツ(版権)を正式に獲得し、徹底した版権管理を行うことで、版権の二次利用、三次利用を含めて「ライツ・ビジネス」を行うことが知財業務の一環として大切になってきています。


スポンサーシップ先のリサーチ及び交渉

スポンサー先のリサーチにおいて、ユニヴァ・アメリカでは、まず対象の価値を多面的に評価し、実際の契約を前に、 スポンサーシップの費用対効果の明確化を行います。 アメリカのスポーツ分野においては、MLB、NFL、NBA、PGA等の主宰団体がグッズやコンテンツ商品に関わるライツ・ビジネスを主導しています。また選手個人へのスポンサー、またはスポーツ分野以外でのイベント支援等、弊社スタッフのネットワークを駆使し、要望に応じた適切な分析と割り出しを行い、アメリカにおけるスポンサー契約の交渉を代行させて頂きます。


ライセンス商品のリサーチ及び交渉

魅力的なライセンス商品を日本市場で販売するにあたり、ライセンスに関する法律知識を持つ弁護士を使うだけでは、版元側が提示する条件をもとに交渉が進められてしまい、こちらにとって優位になる契約内容は得られません。 アメリカにおけるビジネスの規模、日本市場における商品の認知度、日本国内でのプロモーションや広告費の予想、2-3年先までの事業収益計画 etc.. ユニヴァ・アメリカでは、このような綿密な調査・計画をベースに、専門弁護士を使った版権交渉によって有利な条件を引き出します。

                                                 ※ 以上の内容に関するお問い合わせはこちら